審美歯科・
ホワイトニング

歯の形が気になる

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、つけ爪のような薄いセラミックの板を貼りつけ、歯の見た目を整える治療です。
通常の保険治療でのプラスチックが変色している場合や、歯がすいているなど前歯の歯並びが気になる方に行うこともあります。

  • 治療前
  • 歯を削った直後
  • 治療後

メリット

  • 歯をわずかに削るだけで、歯の色や形を整えることができる
  • 透明感があり天然歯と変わらない見た目
  • ほとんど変色しない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 身体への親和性が高く、優しい材料
  • 歯垢が付着しにくい

デメリット

  • 健康保険が適応されないため、高額な治療費が必要
  • 貼りつけるセラミック製の板は大変薄いため、強度が求められる部位には使用できない
  • 特定の歯に力がかかりやすいかみ合わせや、歯ぎしり・食いしばりがある場合は、欠けたり外れやすいことがある

オールセラミッククラウン

セラミック素材でつくられた被せ物。美しいだけでなく強度にも優れており、咬み合わせる力が強い奥歯にも適しています。

  • 治療前
  • 診断用ワックスアップ(シミュレーション模型)
  • 治療後

メリット

  • 強度が高く欠けたり割れたりしにくい
  • 強度が高いため、歯を削る量も少なくて済む
  • 透明感があり天然歯と変わらない見た目
  • 歯との適合が優れている(虫歯の再発が少ない)
  • ほとんど変色しない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 身体への親和性が高く、優しい材料
  • 歯垢が付着しにくい

デメリット

  • 健康保険が適応されないため、高額な治療費が必要
  • 欠けたり割れたりする可能性がないわけではない

一部の歯の色が気になる

ウォーキングブリーチ

過去に前歯をぶつけたり、虫歯が深く歯の神経(歯髄)が死んでしまい変色した歯の色を改善します。
ほぼ元通りの色に戻る場合もありますが暗さが残る場合もあります。
ご満足いただけない場合は別途治療費はかかりますがラミネートベニアやオールセラミッククラウンによる治療も選択肢の一つです。

  • 治療前
  • 治療後

ラミネートベニア

  • 治療前
  • 治療後

セラミックオーバーレイ

歯の噛み合わせの面を覆うセラミックの詰め物です。

  • 治療前
  • 治療後

セラミッククラウン

  • 治療前
  • セラミッククラウン完成
  • 治療後

全体の歯の色が気になる

ホームブリーチ

歯科医院で歯型を採って作った個人専用のマウストレーに、ご自宅で低濃度のホワイトニング剤を注入し、毎日一定時間装着して歯を白くする処置です。ご自宅でマイペースに行え、また色の後戻りが少ないといったメリットがあります。

  • 治療前
  • 治療後

詰め物・被せ物による治療

金属の詰め物・被せ物が入っている、または白い詰め物・被せ物は入っているが変色したり色の統一性がないといった場合、広範囲の歯に詰め物・被せ物を使って色を統一化する治療法。

  • 治療前
  • 診断用ワックスアップ(シミュレーション模型)
  • 治療後
  • 治療前
  • 診断用ワックスアップ(シミュレーション模型)
  • 治療後

歯肉の色が気になる

ガムブリーチ

歯肉が黒かったり茶色かったりということでコンプレックスをお持ちの方がおられるかと思います。日焼けの原因であるメラニン色素は歯肉にも存在します。歯肉に薬液を作用させることでメラニン色素を取り除き、歯肉の色を明るくする事ができます。

  • 治療前
  • 治療中
  • 治療後

保険治療と自費治療の違いとは

歯科治療は、健康保険を適用できる「保険診療」とすべてを自費で支払う「自費診療」の2つに分けられます。一般的な虫歯治療や歯周病治療などは、基本的に保険診療の範囲内です。しかし、患者様の希望によって特別な治療や審美性の高い素材を用いる場合は自費診療になります。

保険診療 自費診療
メリット
  • 国が医療費の一部を負担するため安価
  • 効果の高い治療法が使用できる
  • 審美性の高い素材が使用できる
  • 自分に合った治療ができる
デメリット
  • 治療法と素材に制限がある
  • 治療費が高い

多くの方が、保険診療の被せ物と聞くと「銀歯」や「金属の黒いふちが見える被せ物」を連想し、自費治療の被せ物と聞くと「白く透明感のある歯」「セラミック治療」などを思い浮かべるのではないでしょうか?
しかし近年、保険診療でも強化プラスチックを使った被せ物が適応されつつあり、単に見た目が白いというだけであれば保険診療でもカバーできる範囲は拡がりつつあります。

もちろん、プラスチックの白さはセラミックが作り出す天然歯のような自然感のある審美性や、セラミックが持つ強度は有しておりません。また、プラスチック材料は歯垢もつきやすく歯肉の炎症を起こしやすい材料です。最も大きな違いは、実は被せ物を装着するまでのその内部の治療内容にあります。例えば、自費治療の被せ物を作るための型取りに使用する材料は非常に精度が高く、装着する歯との間に隙間をほとんど作りません。加えて装着する際に使用するセメントは、保険診療で用いるセメントと比較して格段に強い接着力を有しています。

つまり精度の高い被せ物を強い接着力のあるセメントを使って装着することで、再びむし歯になるリスクを減らして永続性のある治療をご提供すること、これが当院の自費診療なのです。もちろんこのような精密で丁寧な治療を行うには、治療に十分な時間が必要ですので、自費診療では毎回十分な治療時間を頂戴しながら治療を進めていきます。

審美的な改善を希望されておられる方はもちろん、保険診療で何度もやり直し治療を受け、次こそは治療結果が長く続く、良質な治療をご希望の方は是非当院の自費診療をご相談下さい。

治療費のお支払い方法

当院では自費診療に限り、各種クレジット払い、デンタルローンにも対応しております。これらのお支払方法をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

医療費控除について

自分自身もしくは家族に使用した医療費に対して一定の所得控除が得られる制度を「医療費控除」と言います。歯科治療においては、インプラント治療をはじめとした自費治療も医療費控除の対象となります。

◆控除の対象となる医療費は?
納税者が、自分または同居している配偶者、その他の親族のために支払ったものであること。
その年の1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費であること。
◆控除の対象となる金額は?
下記の式で算出された金額が医療費控除の対象となります。ただし、最高額は200万円となっています。
1年間で支払った医療費の合計額 - 保険などによる充填金額 - 10万円(※)= 控除額
※その年の総所得金額等が200万円未満の方は、総所得金額の5%

Treatment Menu